学生用アカウントで提供される機能

サンプルソフトのお申し込みはこちら

製品特長

発話評価技術で実現する機能

発音の正確性を自動評価可能

発音の正確性を自動評価可能

日本人の間違えやすい発音の正確性、お手本データと比較した流暢さを分析、フィードバックします。
誤った発音は口蓋図、解説文を確認する事が可能です。

  • ※ 評価対象となる発音記号は今後、追加/変更される可能性がございます

発話の流暢さを自動評価可能

発話の流暢さを自動評価可能

お手本データと比較し、息継ぎのタイミング、抑揚(イントネーション)、強弱(ストレス)が適切に発話出来ているか分析し、フィードバックします。
また、お手本データのアクセント句単位(お手本データの息継ぎの区間毎)で強くを発声している単語を提示します。

イントネーションとアクセントの概形を確認可能

イントネーションとアクセントの概形を確認可能

抑揚(イントネーション)、強弱(ストレス)の概形をお手本と見比べる事が可能です。また、単語毎の抑揚(イントネーション)、強弱(ストレス)をご確認頂く事が可能です。

学習者の発話データを単語単位で聞き直し&ハイライト表示が可能

学習者の発話データを単語単位で聞き直し&ハイライト表示が可能

学習者の発話データを単語単位で簡単に聞き直す事が可能です。
指摘箇所をお手本データと簡単に聞き比べる事が可能です。

発音記号毎に口の形や舌の位置を解説

発音記号毎に口の形や舌の位置を解説

・発音記号毎に口の形や舌の位置を口蓋図を用いて解説
・理解度の確認用に紛らわしい発音の聞き分け練習問題を提供しております
・発話評価機能で指摘された発音記号は即座に解説を確認する事が可能です

検定試験に準じた基準に基づくスコア表示

10段階のスコア表示

検定試験に準じた基準に基づき学習者発声を採点しております。(5段階のスコア)
「発音の正確性」は、総合評価に加え、単語単位でも評価しております。

発話したデータ・評価結果は全て学習履歴で保持

発話したデータ・評価結果は全て学習履歴で保持

学習者の発話した録音データ及びその評価結果は学習履歴として保持しておりますので、学習者、教師がいつでもご確認頂けます。また、リンク先の詳細画面では、誤り箇所のフィードバック、抑揚・強弱の概形表示、学習者データに対する単語単位での頭出し、お手本データとの簡単聞き比べ、ハイライト表示等全ての機能を再現した状態でご確認頂けます。

レベルに応じた録音モードを搭載

レベルに応じた録音モードを搭載

レベルに応じた複数の録音モードを用意致しております。
・テキスト表示(音読)
・テキストのハイライト表示(音読支援モード)
・テキスト非表示及びお手本データの再生(シャドーイング)
・テキスト表示及びお手本データの再生の進行に応じたテキストのハイライト表示(シャドーイング支援モード)

英作文の自動添削技術で実現する機能

日本人学習者のエッセイを自動評価

日本人学習者のエッセイを自動評価

日本人学習者の間違いやすい文法誤りを分析し、その解説をフィードバックします
また、誤りに応じてエッセイの書き方のヒントを合わせてフィードバックします

発話評価技術で実現する機能

音声と連動して該当箇所がハイライト表示

音声と連動して該当箇所がハイライト表示

音声の進行に応じて、テキストをハイライト表示致します。
4種類の表示方法から選べます。

  • カラオケ風
  • Fadeout(順次消去)
  • 書き起し(順次表示)
  • フラッシュ(順次消去+順次表示)
  • ※ 図はFadeout表示になります

どこからでも頭出しが可能

どこからでも頭出しが可能

マウスでクリックすると、その単語から再生します。
文中で変化する単語の発音を簡単操作で繰り返し何度でも聴き直す事が可能です。

WPMに基づき、再生速度を変更する事が可能

WPMに基づき、再生速度を変更する事が可能

1WPM(word/min)単位で再生速度を変更可能。
再生速度を変更しても、音程は変化致しませんので、ストレスなくご利用頂けます。

  • ※ WPMは入力音声の0.5倍速に相当するWPM~2.0倍速に相当するWPMの範囲内で調整可能です。
  • ※ ご使用になられるOS・ブラウザの種類によっては、話速の設定値が所定の3段階のみになる場合があります。

ピンイン・四声の表示が可能

ピンイン・四声の表示が可能

リスニング・リーディングしながらピンイン・四声を確認する事が可能です。

  • ※ 中国語のみの機能となります

リピーティング・ディクテーション

リピーティング・ディクテーション

センテンス単位、意味の塊毎にポーズしますので、リピーティング、ディクテーションの学習が可能です。

検定試験対策

検定試験対策

検定試験対策教材の充実の解説を完全収録
検定試験の出題形式に合わせ短文穴埋めから、長文、ライティング、  リスニングに加え、英検の面接まで、すべての対策をサポート

学習履歴の管理

学習履歴の管理

自身の学習履歴を確認する事が可能です。
・コンテンツ毎の再生回数、再生時間
・クイズの正答率

すぐに使える!追加も可能!

すぐに使える!追加も可能!

20年・23年の入試改革で求められる英検・TOEIC・TOEFL等の検定試験対策教材としてご利用頂けます
詳細はこちらをご確認ください。

    ※ 本機能は全て「Editor for VSS Suite」で作成、設定されているコンテンツに限ります。

教師用アカウントで提供される機能

クイズ作成・ドキュメント作成

クイズ作成・ドキュメント作成

「VSS Suite」に教師用アカウントでログインする事で選択肢問題、記述問題、デジタル教科書、デジタル問題集のような電子教材をウィザード形式で簡単に作成する事が可能です。

学習履歴の管理

学習履歴の管理

学習者毎の学習履歴を確認する事が可能です。
・コンテンツ毎の再生回数、再生時間
・クイズの正答率
・学習者の学習履歴をCSV形式でダウンロード可能
・学習者の発話評価の結果(練習回数、指摘内容、録音データ)

    ※ 教師用アカウントでは本機能の他、学生用アカウントで提供される機能もサポートしております。

ページトップへ戻る

※「Voice & Script Syncronizer」はBrothers & Co.株式会社の登録商標です。本サイト内記載の「VSS」は「Voice & Script Syncronizer」の略称です。